糖尿病と高血圧の関係性について

糖尿病は血糖値が高くなる病気ですが、この病気になった人の40~60%が高血圧と言われており、糖尿病でない人の約2倍の頻度ということになります。
そして糖尿病が高血圧を引き起こすと同時に、高血圧になることで糖尿病を悪化させてしまうので、この2つの疾患の双方に注意する必要があります。

糖尿病が高血圧の原因になる理由としてまず挙げられるのは、血糖値が高くなることで浸透圧のバランスが崩れてしまい、このために細胞から分泌される水分が増えるということです。
水分が増えると全身をめぐる血液量も増加し、これによって心臓に負担がかかり、心臓が血液を送り出す際の収縮期血圧が高くなると考えられます。

さらに糖尿病になると、カルシウムやナトリウムなどのイオンを通過させる部分の働きが弱まるため筋肉を収縮させるカルシウムの量が増えて、末梢血管が収縮状態となります。
そして、このために高血圧になることが予想されます。

また、糖尿病では膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きが低下する「インスリン抵抗性」という状態になる可能性が高くなります。
さらにインスリン抵抗性になった場合は、その働きを補うためにインスリンが多量に分泌される「高インスリン血症」となることが考えられます。
そして、これによって交感神経が刺激されたり塩分が排泄されにくくなり、そのために血管が広がりにくくなったり血液の量が増加して血圧の上昇につながります。

以上のように、糖尿病になると高血圧が生じる可能性が高くなり、この両方になった場合は2つの疾患をさらに進行させる悪循環となることが予想されます。
さらに、どちらの場合にも動脈硬化などの怖い合併症を引き起こす可能性があるので、その点でも注意することが大切です。

そしてこの2つの疾患で注意すべきことは、どちらの場合も初期においては自覚症状がないので進行しやすいということです。
ですから、糖尿病と高血圧の両方に関して定期健診を受けるなど初期の発見や対策を考えることが重要になってきます。

糖尿病になると腎臓病を発症するリスクが大きい

腎臓は血液をろ過して尿をつくる大切な臓器であり、塩分や老廃物の排泄の他、血液を作ったり血圧を調節する働きも持っています。
そのため、高血圧を生じさせる糖尿病になった場合は、腎臓病が生じる可能性も高いと考えられます。

糖尿病で血糖値が高い場合は、高インスリン血症になる可能性も高いはずですが、この場合血液中のナトリウムの分泌が促進され、その濃度が高くなります。
そして、腎臓は塩分と水分の排出量をコントロールにする働きによって血圧を調整しているので、塩分が増えることで腎臓に負担がかかり腎臓病を引き起こす可能性が出てきます。

また、腎臓の働きが悪くなるとレニンという血圧を上げる作用を持つホルモン分泌を促進する可能性が高くなるので、血圧の上昇にもつながります。
そして、高血圧が生じることで、糖尿病の進行を促進することにもなるので、その点でも注意が必要となります。

さらに、腎臓病の場合にはこの病気が進行すると人工透析を行う必要が出てきますが、人工透析の場合は一旦始めると、やめることができない治療と言われています。
ですから、その点でも腎臓病を予防することが重要であり、腎臓の健康のためには糖尿病の予防や初期の発見を重視することが大切であると考えられます。

以上のように、糖尿病は高血圧や腎臓病を引き起こす可能性が高いと言えますが、その他でも動脈硬化の原因にもなり、それによって脳梗塞や心筋梗塞などの怖い病気が生じることもあります。
そして、このような糖尿病の場合の多くは生活習慣に関係があると言われる2型糖尿病なので、自分で生活習慣を改善するように心がけたり、適切な対策ができるように実績のある病院でアドバイスを受けるようにしてみることをお勧めします。